スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっとパッチのタオル。

ソーイング・雑貨 2006/10/04

91.jpg


久しぶりに何の予定もない1週間。
のんびり読書なんぞしながら過ごしてます。
でも時間があると、何か縫い物しないともったいない気にもなって
かといって大きなものはなんとなく気分的に手が出ないしね。
見渡せばミシンを置きっぱなし(もはやおきっぱなしなのよ)にしてるテーブル
散らかり放題のそのテーブルの上には細かなハギレも散在…
なんとなくつないでみました(笑)
で、何かに使いたいなぁってひらめいたのがタオル。
ちょこっと使えそうな小さ目のワッフルのタオル
これまたなんとなくで100均で買ってあったものですが
縫い付けてみることにしました。
ちょこっとおめかしして可愛いタオルになったんじゃないかなぁと
小さな仕事の割には満足感が大きかったです。


92.jpg

さて。
今は向田さんの本を、もうすぐ全部読み終わるところですが。
エッセイを読んでいてうれしい発見がありました。
向田さんも自分の服を仕立てて着ていたそうです。
手が器用な人だったらしく、ちゃちゃっとコートなんぞの大物なども家族の分まで。
私なんかとは比べられない腕をお持ちだったんでしょうが
思わぬ共通点に親近感を覚えました

でもそういえば、昔はそういうの普通だったところもありますよね。
むしろ既製品が少なかった(高価だった?)時代。
うちの母よりちょっと先にうまれたくらいの年代でしょうか…生きていらっしゃれば。
母もそういえば勤め人だった頃は、通勤着に仕立てたものを身に着けていました。
ただ裁縫だけは(?)苦手な人だったので仕立て屋さんにお願いしてましたけどね。
その後、時代の流れとともに馴染みのブティックなんぞ出来るまでは
自分にぴったりの一点ものをいつも身につけていたわけです。
ただし一張羅だったから(笑)私なんかは、いつも同じもの着て…
なんて心の中で思っていたものだけど
長く着られるように生地もそれなりのものを使っていたようだし
今にして思うと贅沢だなぁなんて思ったりもします。
ものを大事に長く使おうって精神からくるものなんでしょうけどね。
すっかり使い捨て時代の今、考えさせられることがまたひとつ、でした。



スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイド作品や購入布について - ジャンル:趣味・実用

Comment 0 | Trackback 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。