スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の詫び状

読書 2007/09/03

IMG_0188.jpg



読書の秋。
だからということはなく年中読みたいときに本を読む私です
昨日何かのテレビで見ていたら
子供たちの読書離れは親が本を読まなくなったのが原因だとか。
そうかな~
うちはダンナも本が好きだけれど
だからって子供たちも特別読書するわけじゃないけどね。
私が子供の頃も、親は二人とも仕事していたから
本を読む姿ってあんまり見なかったな。
でも、元から本が好きらしい母親は
誕生日やクリスマスのプレゼントに本を与えてくれました。
・・・玩具買うより安かったからだと思いますが(笑)
そうそう、うちは父と母別々にプレゼントをくれる家庭でした。
母が仕事を辞めるまではね。
ある時、世界の文学とかいう昔よくあった分厚い本の全集(30巻)を
ど~んとプレゼントしてくれたんです
頼んでもいないのに。
仕事をしていた頃の母は月賦(今のようなカードがない時代)で
大きな買い物をするクセ?があり
自分の本(やはり大人の文学全集みたいなの)を買うついでだったんでしょう。
しかし当時小4くらいの私、そんな大げさなもの見ただけでお腹いっぱい!
母も書棚に飾っておくだけで二人ともなかなか取り出すことはなかったですね
こんなもの買っちゃって~~~という私に
「いいの、あればいつか読めるから♪」なんて呑気な母。
しかし、そのいつかはまもなくやってきました。
きっかけはなんだったか忘れてしまったけれど
もともとインドアな私なので冬休みなど暇を持て余して
たまたま手に取った本が面白かったんだと思います。
若草物語、小公子、小公女、にんじん、赤毛のアン、あしながおじさん、アンクルトムの小屋・・・
このあたりむさぼるように読みましたね。
テレビアニメや映画で見たもの、国語の教科書で習ったもの
などの本が家にある(文学全集にほとんど入ってる)ので
興味を持ったときにすぐ手に取れるのはよかったです。
そこまでの計らいが母にあったかどうかは怪しいけど
たくさんの本を与えてくれた母に今では感謝しています。
だけどどんなに環境を整えても
本の世界って面白いなって思えるような本にめぐり合わなければ
読書は身につかないかもしれません。
これいいから読みなさい♪って半ば強制的に与えても
うちのにーちゃんなんて「ふん」って感じだもんなー


・・・と無駄話が多くなりました

本屋に行くと用が無くとも必ずソーイング雑誌のほかに
コミックと文庫本コーナーも一巡してきますが
向田さんの『父の詫び状』が目に付きました。
あまりに有名だし読んだ気もするのだけど
目次のタイトルはなんとなく新鮮だ
うっかり見過ごしていたのかも・・・と購入。
いつものように解説から読んでいって、あ、これ読み覚えがある
たぶん友人に借りて読んだのだと思います。
でもいいです向田さんのエッセイ大好きなので
あれば何度でも読み返せるものね。
向田さんはとてもお洒落な人だったそうで
自分や家族の服を自分で仕立てていてその腕はプロ級だったそうです。
料理も上手だし家族想いで
ものの考え方とか仕事に対する取り組み方も共感しまくり
尊敬と憧れの女性です。
もっとたくさんの向田さんの書いたもの読みたかったなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

Comment 4 | Trackback 0

コメント

[☆鍵コメさん

了解です!絵文字:i-237]
URL | しぴ #mQop/nM.[ 編集] | 2007/09/11 08:45

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #[ 編集] | 2007/09/10 14:22

☆べんちゃん

向田さん いいよ~
機会があったらぜひに。

同じ環境を与えても違うのね
活字に向き不向きだって絶対あると思う
体を動かしてるのが好きでじっとしてるのが嫌な人だっているし
本より楽しいと思えるものがあったりするしね。

うちのにーちゃんもこの夏
ダンナのおばさんがマンガの日本の歴史全集をプレゼントしてくれて
繰り返し読んでる。
マンガだから読書のうちに入らないかもしれないけど(笑)
学校では休み時間とか時間つぶしに
図書室にいるのが多いらしいよ。
やはり好みがあるからおらが押し付けたものは興味がないみたいだけど
伝記とかそういうものが好きらしいな。
URL | しぴ #mQop/nM.[ 編集] | 2007/09/04 09:03

そう言えば 向田さんの本って あまり読んだことないや。
前もあったよね?
図書館に探しに行って見つからなくて それっきりになってたわ。
時間もできることだし、また探しに行って来よう。

おらも 実家には本が殆ど無くて、でも 父が本好きだったし図書館がすぐ近くにあったから よく連れて行かれたなぁ。
でも おらの兄ちゃんは 全然読まなかった。
同じ環境でも 違うよね。
家の子も 兄ちゃんは読むけど娘はコミックのみだし。
よさ気な本があると、古本屋で買ってきて兄ちゃんの部屋に置いておくの。
知らないうちに 読んでるみたいだよ。
読み終わって 妹によさ気だと思うと 娘の部屋に置きに行くらしいわ。(笑)
「読め」って言っても読まないけど、ふと気が向いたときに読める場所に本があると少しは読むかもね。
URL | べん #-[ 編集] | 2007/09/03 13:00

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。